内装リフォームをしたい|解体工事は東京都足立区のWORKSにお任せください

内装リフォームをしたい

HOME > 事例紹介 ⁄ 内装リフォームをしたい

内装リフォームなどに伴う内装解体工事

内装をリフォームする際には、一度解体してスケルトンの状態にし、そこから新しい内装を作り上げていく方法がおすすめです。
また、賃貸の事務所や店舗などのテナントをスケルトンの状態で返却する場合には、内装解体工事が不可欠です。

WORKSでは、このようなケースに伴う内装解体工事も行っています。
協力会社との連携により、リフォームまで一貫して対応することが可能ですので、どうぞお気軽にご相談ください。
他のテナントや管理会社の都合などにより、様々な制限があり細かな配慮が必要となる場合も、規定に沿って段取り良く施工を進めさせていただきます。

なお、内装解体作業の際のトラブルとして多いのが、アスベストの飛散による健康被害です。
肺線維症や悪性中皮腫などの健康被害をおよぼすアスベストを含む建材は、特に平成18年以前に建てられた建築物に多くみられます。
こうした建築物での解体では、アスベストが飛散しないように細心の注意を払う必要があります。

WORKSでは、アスベスト被害が起こらないよう、アスベスト診断士を置くなど、徹底したアスベスト対策を行っていますので、どうぞ安心してお任せください。

事例紹介

※ただいま画像を選定中です。今しばらくお待ちください。

↑PAGETOPへ

Copyright©解体工事ならWORKS|東京.All Rights Reserved.